Can be shipped overseas by EMS.  可以通过EMS运送到海外。 EMS에 의해 해외 배송 가능.  革製品の各種カスタマイズを承っております。 ご購入前にご相談下さい。

山田硝子 【江戸切子】

世界が注目する
繊細な直線、柔らかな曲線。

 伝統的工芸品にも指定されている江戸切子には、さまざまな特徴をもつ多くの工房がある。そのひとつが墨田区に工房を構える「玻璃匠 山田硝子」。三代・80年続く江戸切子の工房だ。その魅力は繊細な直線と柔らかい曲線で描きだすオリジナルのデザイン。ガラス表面を薄く削る花切子の技法も合わせ、伝統紋様に新しい感性を入れた独自紋様の江戸切子や、日本を象徴する桜や富士山を描きだしたグラスなどを世界に向けて発信している。 

 

江戸切子と花切子、
二つの技術をもつ“玻璃匠”

山田硝子の特徴である切子と花切子の技法。その原点にあるのは、明治時代にカットガラスの技術をイギリスから伝えた、カット技法の職人、エマヌエル・ホープトマンだった。彼が教えたのは研磨用の回転盤にガラスを押し当てて、繊細で優美な模様を彫刻するグラヴィール技法。この技術をホープトマンに学んだ一人が、80年の歴史を持つ山田硝子のルーツ・山田栄太郎氏だったという。
受け継いだグラヴィール技法にヒントを得て生まれたのが、山田硝子の特徴の一つにもなっている江戸花切子の技法だ。花切子と特徴はガラスの表面をごく浅く削る技法。柔らかい曲線で草花や風景を描き出すのに長けている。
「山田硝子は、江戸切子と花切子、両方の技術を駆使する職人を有した数少ない工房」と話すのは、三代目の真照氏。二つの技法をあわせた江戸切子は大胆さと繊細さ、直線と曲線が混在する独特の世界観を作り出す。

 

若者へ、世界へ、江戸切子を使う暮らしを

現在、山田硝子の中心を担っているのは三代目の真照氏だ。先代の輝雄氏は、「日本のガラス展」の大賞を始め数々の賞を受賞した名工。輝雄氏の後を継ぐ真照氏も、高い技術で新たな江戸切子の表現を探求していた。その成果が認められ、2017年にはトヨタ自動車が行っている「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」に51人の匠の一人として選出された。

 「江戸切子を日常の暮らしの中に取り入れることで、日々の暮らしを少しだけ、華やかに、楽しいものにしたい」と真照氏は語る。だからこそ、芸術作品ではなく、華やかな輝きをもった実用品を作り続けているのだと。職人たちの想いは一つひとつの商品に刻まれている。そこに、値段を超えた価値を感じる人も多く、海外の方へのプレゼントとして、また、お祝いの記念品として買い求める人も少なくない。

Buyer's Voice

切子の魅力を世界に!
三代目のチャレンジを応援したい

私がバイヤーとして魅せられたものの一つが、山田硝子ならではのデザインだ。細い線を刻んだ菊繋ぎ文や八角籠目文に、小さな水玉を組み合わせたり、複数の色ガラス層からなる「色被せガラス」の特徴を活かしたデザインなど、江戸切子のイメージにとらわれない作品も多い。細い線と力強く滑らかな曲線が絶妙に組み合わさって刻まれたグラスを見たとき、どんな人がこんなデザインをするのだろう、と気になっていた。うねる曲線に感じる色気や玉繋ぎ文の繊細さ。だから、お会いして、とつとつと作品を語ってくれた三代目の無骨さに驚かされた。
「若者へ、世界へ、江戸切子を使う暮らしを」。そう考える山田硝子が積極的に行っているのが他のジャンルの職人や酒蔵とのコラボ企画だ。台湾でデザイン雑貨やおしゃれカフェが集まったスポットとして人気の「松山文創園区」で実演販売を行うなど、国外への展開も積極的だ。
「世界が注目する、山田硝子の江戸切子」の第一歩。日本工芸堂として、その挑戦を応援していきたいと思う。