カスタマイズをご希望のお客様は、ご購入前にご相談下さい。

江戸切子 東京

江戸切子とは

江戸時代から受け継がれる、ガラスの表面に文様を施した工芸品。明治時代、ヨーロッパのカットグラス(切子)の技法を取り入れることで独自の工芸技法が確立した。江戸切子独自の文様は20種類ほどあり、日本古来から身近にある花や植物などの自然がモチーフとされる。2002(平成14)年に国の伝統的工芸品に指定。日本を代表する工芸品のひとつとして、東京都江東区・隅田区を中心に、現代の職人たちがその技術を継承している。

江戸切子の歴史・技術

江戸切子の始まりは1834(天保5)年、江戸伝馬町のびーどろ屋・加賀屋久兵衛が、英国製のカットグラスを真似て、透明なガラスの表面に細工を施したのが始まりとされている。1853(嘉永6)年の黒船来航の時、ペリーへの献上品の中に加賀屋の切子瓶が献上されており、その見事さにペリーが驚いた、という話も残っている。
当時は透明だった江戸切子。今のような色被せガラスが使われるようになったのは、日本のもう一つの切子「薩摩切子」の影響だった。薩摩藩により推進され、ガラスの着色方法を独自に開発してきた薩摩切子だったが、その技術は西南戦争前後に途絶えてしまう。しかし、薩摩切子の職人たちは、江戸へ向かい、江戸切子の職人としてその技術を惜しみなく与えていった。現在に至る、青や赤の被せガラスの技術は、こうして江戸切子に浸透していった。
江戸切子の魅力は、その輝きと細かい文様にある。籠目紋や魚子(ななこ)紋、七宝紋、麻の葉紋など、生活に身近なものを図案化したものが多い。これらを組み合わせて作り出された繊細な文様は、江戸の粋を今に伝える。 
江戸切子では、基準となる線や点を割り付けて、その印に沿ってカットを進めていく。職人の目と高い技術力が宿った手のみが、細かな紋様を削り出していくのである。線の太さ、深さ、バランスは職人の経験だけが頼り。しかし、江戸末期に製造が始まって400年、一度も途絶えることなく受け継がれた技術は、迷うことなく、伝統の図案を削り出していく。 
凛とした輝きで、日本の食卓を彩り続ける江戸切子。世界に誇る日本のガラス工芸として、世界を魅了し続けていくことだろう。