太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】  矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃
太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】  矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃
太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】  矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】  矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】  矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】  矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃

太武郎工房 (伝統工芸士 木村泰典) 【江戸切子】 矢来紋 酒器三点揃 琥珀瑠璃

通常価格
¥64,900(税込み)
販売価格
¥64,900(税込み)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

※ 商品の出荷は、5営業日以内となります。また、ご注文タイミングによっては、受注生産となる場合がございますので、予めご了承をお願い致します。


伝統工芸士 木村泰典の手による完全国内生産の江戸切子です。

江戸切子の歴史は江戸時代に始まり、江戸の生活を今に伝える貴重な工芸品として日本の伝統的工芸品に指定を受けました。

すべての作品は熟練した職人が一つ一つ手造りしています。純国産クリスタルガラスのグラスに伝統工芸士による高度なカットを施すことで、その透明度や輝きを最大限に引き出しました。


江戸切子の代表的な文様「矢来(やらい)紋」を彫刻しました。

矢来とは竹や丸太を互い違いに組んだ形状の事を指し、 矢来の柵は築城や舞台装置の一番初めの段階に用いられるものでもあります。

「物事の基礎を作る」「基盤を固める」とされる、大変縁起の良い伝統文様の一つです。

 

商品詳細

生産地 東京都江戸川区
素材 クリスタルガラス
サイズ

徳利:直径8.5×高さ9.2cm

ぐい呑:直径6.2×5.1cm

重さ

徳利:235g

ぐい呑:100g

使用上のご注意

  • 強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。
  • 耐熱・強化ガラスではありません。
  • ガラスは破損し易いのでお取り扱いには十分ご注意ください。
  • カット面の汚れは束子ブラシなどで丁寧に手洗いすると落ちやすいです。
  • 急激な温度差や衝撃を伴うご使用はお控えください。
  • 食器洗浄機、食器乾燥機、電子レンジ、直火のご使用はできません。
  • 商品は桐箱に入れてお渡ししております。